小林監督×秋田プロデューサー対談企画【ゲスト:黒川先生】②

小林監督と秋田プロデューサーの対談企画、第二回はゲストに黒川博行先生をお迎えしお届けいたします!
3人の鼎談を、ぜひチェックしてみてください!

 
秋田プロデューサー「オール関西弁の作品ですが、大阪にご在住の黒川先生にとって、少し大阪弁が気になった箇所があったと伺いました。」

小林監督「僕は東京暮らし20年にしては標準語になってない方だと思っているんですけど、役者さんは普段も芝居の時も標準語で暮らす場合が多いので、関西出身でも(関西弁が)あやふやになってしまうこともあるんですよね。結構そこは気をつけたつもりなんですけど……あ、あそこですかね。一箇所だけ蔵之介さんの京都弁に仕上げの時に気付いたとこがあって『勝手に人の携帯持っていったら…』っていうセリフ。」

黒川先生「ああ、それか。蔵之介さんは京都出身の方ですしね。」

小林監督「京都弁、あ、京都の方は京言葉って言うた方がええみたいですけど、京言葉では『勝手に』が、大阪弁で「てっちり」って言う時のアクセントになるんですね。大阪弁やと「バッテリー」と同じアクセントなんですけど」

黒川先生「そうそう、そうやね。」

小林監督「さすがですね。アフレコするか、ちょっとだけ迷ったんですが、桑原は大阪生まれではないから、ガチガチの大阪弁でなくても、多少の揺れはあってもええかなと思いまして。宇崎さんの大阪弁も、厳密に言うとちょっと揺れているんですよね。僕の勝手なやくざ観ですけど、やくざには九州とか北関西の人も多い印象があって、どこか正統派大阪弁じゃなくてもいいかなって思ったんですよね。」

黒川先生「なるほどね、確かにそうですね。橋爪さん、あれは完璧でしたね。なんであのひとはあんなに完璧に話せるのか…。」

小林監督「本当に70代の、ネイティブな大阪弁ですよね。ちょっと下町の感じ。関東に長いこといらっしゃるのに、なんであんな完璧に話せるのかって感じでしたね。聞いたらわかるけど、「べっちょおまへん」とか、僕らの世代では話さないけど、こういうおっちゃんおるなぁって思える感じが素晴らしかったですね。」

黒川先生「いやぁ橋爪さんはほんまにうまい。新劇やられてて(方言を)直されたりしてるはずなのに。なんであんなサッと戻れるのか不思議で仕方ない。横山さんは若いこともあってすぐに戻れるかもしれんけど、彼も関西弁完璧でよかったですね。」

小林監督「横山くんも15年以上東京で仕事されたりしてますけど、自然でしたね。最近の若いアルバイトの方とか、大阪でも標準語になってますよね。昔はパブリックな言葉も、言葉は標準語なんですけどアクセントは大阪弁だったんですよ。」

黒川先生「確かにそうですね。」

小林監督「「次は神ノ木、神ノ木でございます。」っていうチンチン電車のアナウンスも、[次は]と[ございます]は標準語で固有名詞は大阪弁になっていたのに、今は全部標準語になってて、面白くないな~と思ったりもします。若い人はだんだんと標準語に近くなってきてるんですよね。」

 
→ 黒川先生×小林監督×秋田プロデューサー鼎談③につづく


※11/18更新 完成披露試写会告知 掲載情報

この度、12月13日(火)に『破門 ふたりのヤクビョーガミ』完成披露試写会の実施が決定いたしました!
告知掲載情報を随時更新してまいりますので、ぜひチェックしてみてください!

11月19日(土)
雑誌 「エンタミクス」

11月17日(木)より掲載
新聞 「読売新聞 夕刊」
Web 「CinemaStyle for au」

11月16日(水)より掲載
Web 「T-SITE」

11月15日(火)より掲載
Web 「Cinema Café.net」

11月13日(日)より掲載
Web 「Aol.」

11月11日(金)発売
雑誌 「J Movie Magazine」
雑誌 「+act.」

11月10日(木)より掲載
Web 「映画ランド」

11月9日(水)発売
雑誌 「週刊TVガイド」

11月8日(火)発売
雑誌 「日本映画navi」
雑誌 「Cinema★Cinema」
雑誌 「CINEMA SQUARE」
Web 「CinemaGene」
Web 「Filmaga」

11月5日(土)発売
雑誌 「キネマ旬報」

11月4日(金)より掲載
Web 「ぴあ映画生活」

11月2日(水)発売
雑誌 「TV LIFE」
雑誌 「週刊ザ・テレビジョン」

11月1日(火)より掲載
Web 「チケットぴあ」

10月27日(木)より掲載
Web 「anemo」


小林監督×秋田プロデューサー対談企画【ゲスト:黒川先生】①

小林監督と秋田プロデューサーの対談企画、第二回はゲストに黒川博行先生をお迎えしお届けいたします!
3人の鼎談を、ぜひチェックしてみてください!

 
秋田プロデューサー「第2回の今回は、ゲストに原作の黒川博行先生をお迎えして、色々とお話を伺えればと思います。『いやぁ、おもしろい』と映画をご覧いただいた直後に仰っていただきましたが、『後妻業の女』に引き続き、本作でも実際に現場で出演いただいたりもしました。」

黒川先生「実は後妻業で僕のカット1つ削られてるんですよ(笑)。セリフがあったんですけど。」

小林監督「すみません、『破門』ではセリフもなくて…(笑)。でも先生の出演シーンは注目してもらいたいですね。」

黒川先生「撮影現場を見るのって面白いんです。もちろん現場にとって原作者が来るのは迷惑って分かってますねん。分かってるけど…ちょっと出たい(笑)。」

小林監督「現場で何を一番見られてます?」

黒川先生「それは女優さんを見ます。(笑)」

小林監督「すみません!(笑)今回の出演シーンは男性2人と一緒で女優さんがいなかったですね(笑)。今度もし機会があれば気をつけます!」

黒川先生「北川景子さんを見たかったですね~。女優さんってやっぱり映像で見るよりもずっときれいですしね。」

 
→ 黒川先生×小林監督×秋田プロデューサー鼎談②につづく


小林監督×秋田プロデューサー対談企画【撮影準備 編】

小林監督と秋田プロデューサーの対談企画①-7 撮影準備編です。
公開に向けてお二人の対談を通し、撮影裏話や見どころをお伝えしてまいります。
 

【撮影準備について】

小林監督「アクション練習とかしましたね。イン前に2日間、東宝撮影所で。どういう風に桑原は切り抜けるのかというのを蔵之介さんと話したりしましたね。蔵之介さんは他の疫病神シリーズも読まれているので、「こういう喧嘩のやり方あったよね」とか言いながら。桑原は、よく目つぶしをするよなとか、行く前に砂利をポケットに入れていくとか、どうズルして勝つかを考えたりもしましたね。桑原が相手をはかる勘の良さ、間合いとか。」

秋田プロデューサー「間合いとかってどんな感じで?」

小林監督「動きだけでなくて、玲美のマンションのシーンではメガネ外すか外さないか、とかも話しましたね。桑原はその場にあるものを使って機転の利く人だと思うので、その場に何があってどう動くかも話しましたね。」

秋田プロデューサー「原作の中からどこを使うかってどう考えられました?」

小林監督「2時間に収めるために、原作から何を抜いて何を生かすかを考えるのが大変でしたね。全部入れるのは難しいので。なので、とてもシンプルな部分だけを残したんですが、自分でも、ここがないのは惜しいなと思う場面もけっこうありますね…。原作ファンの方には、映画だとこんなもんだろうな、と優しい目で見守っていただければ嬉しいです。」


小林監督×秋田プロデューサー対談企画 【キャスト編②】

小林監督と秋田プロデューサーの対談企画①-6 キャスト編②です。
公開に向けてお二人の対談を通し、撮影裏話や見どころをお伝えしてまいります。
 

【キャストについて②】

小林監督「中村ゆりさんとほうかさんと佐吉さんは『煙霞』にも出ていただいていて。黒川作品の常連っていう感じで」

秋田プロデューサー「現場はほんとみんな和気藹々としてましたよね。キムラ緑子さんは、監督とイメージを話していて緑子さんがやってくれたらいいな、ってなってたんですよね。」

小林監督「緑子さんがやってくれるならもう。イメージに合うからぜひやってほしかったんですよ。緑子さんはご自身のお母さんを思って演じたって言ってくれました。子どもにとってありがた鬱陶しい感じをどう出すか、というのを意識して話しましたね。國村さんには、お世話になった兄貴の妻ではあるけれど、“ザ・姐さん”といった感じではなく、普通にお世話になった人の奥さんとして接するような感じで、とお願いしました。
宇崎さんは衣装合わせの時、女性陣の目がキラキラしてましたね。」

秋田プロデューサー「サングラスもね、自前のを持ってきてくださって。」

小林監督「この役に合いそうだからって何十個もね。その中のものを小道具として使わせていただきました。」

秋田プロデューサー「宇崎さん育ちは関東のほうですけど、さすがは耳の良いミュージシャンという感じで関西弁も違和感なくて。」

小林監督「倍音が豊かに含まれた声も素晴らしいですよね。」

秋田プロデューサー「橋爪さんはいかがでした?小林監督とは初なんでしたっけ。」

小林監督「初めてでしたね!衣装合わせの時に、「この作品は小清水にかかってます!」と期待を込めて言ったら、「またまた〜、そういうプレッシャーかけんといてや~!」って冗談でかわされたのを覚えてます(笑)。」

秋田プロデューサー「さすがですね(笑)。といいつつ、現場ではやっぱりしっかりとやってくださいましたよね。」

小林監督「あと衣装合わせの時にメガネも提案してくれましたね。「地のままやと上品になりますねん、こういう小道具の力借りんと。」とか言いながら(笑)。撮影に入ってからは僕の予想以上に、生き生きと演じてくださいましたね。
あと、毎度作品に出てもらってるテントさん。ゲン担ぎ的に今回も出てほしくて。前回『マエストロ!』で回想シーンのやくざ役で出てもらってるんですよ。だから今回は同じメイクで『マエストロ!』でやくざ役をしている役者、という設定で出てもらいました(笑)。実は小清水が振込額を見せるシーンで、その振込額の上に、20万のギャラがその役者に支払われているんですよ。(笑) 天童大和という役名です。完成した映画をみてもらいたかったんですけど、急に交通事故で亡くなって残念です。」

秋田プロデューサー「月亭可朝さんも出演してくださってますよね。」

小林監督「実話系の雑誌やドキュメンタリーを観ていたら結構やくざの方の普段着でパステルカラーがあって。いいなぁと思ってピンクを着ていただきました。」

秋田プロデューサー「可朝さん、撮影のとき「テンパりました、のまれましたわ。」っておっしゃっていましたよね(笑)」

小林監督「しきりに「覚えてきたんや、覚えてきたんやけどな。」って言って宿題きちんとやってきたのにノート忘れてきちゃった子みたいな感じで可愛くて(笑)。あと何人が気づくかなシリーズで、高川(裕也)さんにメイクでギョウザ耳にしてもらってるんですよ。警察なんでね。真面目に武道というか柔道をやってるってことで。見た目はやくざにしか見えないけれど、ギョウザ耳が警官バッジみたいなね。」