2月14日実施 ティーチイン上映会レポート

現在公開中の『破門 ふたりのヤクビョーガミ』について、今だからこそ聞きたいことをスタッフ、キャストにもっと語っていただこうということで2日連続開催が決定したスペシャルティーチインイベント。2日目となる14日には、小林聖太郎監督と、小清水の愛人・玲美役を演じた橋本マナミさんが登壇!
当日は、今だからこそ言える撮影の裏話や思い出のエピソードなどぶっちゃけトークが満載!また、本日はバレンタイン当日ということで、会場に来ていたお客さんの中から、質問をしてくださった男性2名へ橋本マナミさんからチョコをプレゼントするというサプライズも!終始和やかな雰囲気でイベントは終了いたしました。

大きな拍手の中、登場した橋本さんと小林監督。
小林監督は、「本日は映画をご覧いただきありがとうございます。すでに何回かご覧いただいている方もいらっしゃるかもですし、初めてご覧いただいた方もいらっしゃるかと思います。いろいろなお話を伺えればと思います。距離も近いので語り合えればと思います。」と挨拶。
橋本さんは「バレンタインの夜にありがとうございます。普段は舞台挨拶で皆さんとお話できないですし、こういった機会がなかなかないので嬉しいです。今日はいろいろとお話をしましょう。よろしくお願いいたします。」と挨拶。

そして、本日参加ができなかった佐々木蔵之介さんから「桑原保彦役の佐々木蔵之介です。本日は小林監督のティーチインにお越しいただき、ありがとうございます。私は仕事で行けないのですが、監督が歌って踊って大いに盛り上げてくれるかと思います。歌は世につれ世は歌につれ…歌は『なぐりガキBEAT』。監督張り切ってどうぞ!」といったビデオコメントが到着し、会場が笑いに包まれました。

橋本さんはほとんど関西出身のキャストの中、いかがでしたか?という質問に対し、
橋本さん「関西の言葉って本当に難しいんですよね。半音上がったりとか、単語は言えても文章にしたときに違う発音になったりしちゃって。イントネーションに監督もこだわられていらっしゃいましたよね。」
小林監督「そうですね。イントネーションは大事にしたいなと思っていました。」

印象的だったシーンはありますか?と聞かれると、
橋本さん「ホテルのシーンですね。ずっとホテルにこもって長時間撮影していたんです。でもなかなか経験できないシーンでしたし、楽しかったです。」とコメント。

同じシーンが多かった橋爪さんについて聞かれると、
橋本さん「橋爪さんは最初サングラスをかけていらっしゃったこともあって、怖い印象だったんです。どうしようって思っていたんですけど、ちょっとずつお話していくうちにチャーミングなところが凄くみえて、とても素敵な方だなって思いました。」
小林監督「蔵之介さんに小清水は橋爪さんや、ってお知らせしたときに、「ぴったりですわ」と言われました。調子いい感じとか、すごく役に合っていますよね。」
橋本さん「撮影中に橋爪さんの頭が私の胸に当たってしまったこともありましたね(笑)」
小林監督「その時も「今日は頭洗わんわ」って冗談をおっしゃっていましたね(笑)」

続くティーチインでは、本日がバレンタインということもあり、質問をして下さった男性2名に橋本さんからチョコレートがプレゼントされるというサプライズが!
小林監督からも、質問をしてくれた方には、破門のオリジナル名刺をプレゼントすることになり、会場は大いに盛り上がりました。

Q初めての愛人役はどうでしたか?役はどのようにして決まったのですか?
小林監督「役はオーディションは特にせずに、耳の良さはどんな感じかなと先にお会いして、ぜひお願いしたい、となりました。」
橋本さん「3年前くらいから愛人としてのテクニックとかを勉強していたんです。恋愛経験の多い先輩にお話しを聞いたり、仕草や服装、髪の毛を変えたりしました。なので、このタイミングで愛人役をいただけて本当によかったなと思ったし嬉しかったです。」

Qアクションシーンは本当に行われていたんですか?
小林監督「カットにもよるんですけど、先にアクションの段取りや動きを決めて練習をしていました。当ててもいい時は当てたりもしています。」

Q小清水が失敗したりしているのに、玲美はなぜ愛人としているんだと思いますか?
橋本さん「いろいろ想像したのですが、玲美は愛が欲しくて、でもどうしたらいいか分からないからお金だったり形に頼ってしまうのではないかって思って演じていました。ちょっと寂しさがあっての小清水との関係なのかな、と思っていました。」
小林監督「その役のバックボーンって、演じるためには必要であると思うんですけど、僕は細かいところまではあまり考えなくてもいいかなと思っていました。小清水に対してはお金8割くらいで、あと2割は情とかがあるのかなと。」

Q映画に出てくるキャラクターの中でどの役柄がタイプですか?
小林監督「僕が女性だったら嶋田(國村隼)ですね。」
橋本さん「私は小清水さんかもしれないです。読めないところが惹かれるというか、気になってしまいますね。逃げられると追いかけたくなってしまいますし。」

最後に、
橋本さん「本日はありがとうございました。最初ヤクザが出てきたりと怖い映画なのかな、と思われがちですが、テンポも良くてとても面白い作品です。女性も楽しめますし、カップルでも家族でも、みんなが楽しめる作品だと思います。今日のこともぜひ宣伝してください!もう終わってしまいますが、素敵なバレンタインをお過ごしください!」
小林監督「時間が短くて残念ですが、今日はありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。」
と締めくくり、終始和やかな雰囲気でイベントは終了しました。